Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

路線バス乗車記第54回 淵野辺駅北口→鶴川駅→平尾入口→生田折返場→登戸

f:id:wingzone94:20190331203449j:plain

朝6時半、遠路はるばる淵野辺に。

できる限り、更新頻度を途絶えないようにコンスタントに更新していけるようにしていきたい路線バス乗車記。今回も免許維持路線です。

淵24系統の概要

f:id:wingzone94:20190331203541j:plain

淵野辺駅北口の2番のりばから発着するその路線は、淵24系統。言わずとしれた免許維持路線です。神奈中の免許維持路線の中でもかなり有名な部類に入る路線です。

f:id:wingzone94:20190331203701j:plain

路線図を確認。数ある路線群の中でどう考えても異質で、飛び抜けて長距離を走ります。ただ、ひたすらに芝溝街道・鶴川街道(津久井道)を通る路線で、小田急線ともずーっと並走しています。

この路線が免許維持路線である理由は言うまでもなく、「小田急線と並走していて、かつほぼすべての区間(鶴川~新百合ヶ丘間等を除く)で他の路線バスで代替できてしまう」ことなんですよね。で、運行が長距離・長時間に及ぶことから多摩営業所や町田営業所に管轄させるわけにもいかないから橋本営業所が担当していると思います。

鶴川駅新百合ヶ丘駅入口は、かつて小田急バス生田営業所と共同運行していた名残からか小田急バスのバス停、もしくは両社のバス両方が設置されています。(しかも一部バス停はご丁寧に新調されています。)

f:id:wingzone94:20190921093414j:plain

淵24系統。LED表示は長距離路線らしからぬ「図師・登戸」 と非常にシンプルな表示になってます。

f:id:wingzone94:20190921093456j:plain

側面表示。鶴川駅はわかるのですが、なぜか淵野辺駅を出てすぐの「東町」が表示にあります。

iOS13を使ってみて思ったこと

f:id:wingzone94:20190921184441p:plain

iOS13がリリースされて、1日が経過。

年に1度の大きなアップデートということもあって、多くの機能が話題になっていますね。今回は、私がiOS13を使ってみて思ったことをいくつか書き出したいと思います。

利用環境はiOS13(1枚のみiOS12)をインストールしたiPhone Xs Maxです。

ダークモード

iOS13ではダークモードが登場し、システムUIを従来のライトテーマ/ダークテーマから切り替えることができます。Androidも10で対応していて、Windowsも対応してきているので、この辺は時代の流れでしょうか。


f:id:wingzone94:20190921210704p:plainf:id:wingzone94:20190921185510p:plain

システム設定から「画面表示と明るさ」を移動し、自動をオンにするとで、時間指定・日の出/入りなどのタイミングで自動切り替えさせることも。壁紙も連動します。macOSのダイナミックデスクトップに似た機能ですね。

f:id:wingzone94:20190921185733p:plainf:id:wingzone94:20190921185741p:plain

f:id:wingzone94:20190921185748p:plainf:id:wingzone94:20190921185755p:plain

基本的には今現在、Apple純正アプリやYahoo!案内やEvernoteなどの一部アプリが対応していますが、Touch IDや3D Touchのときと同様に対応アプリが増えるのは暫く待つしかないようです。

ボリュームコントロールが最小化される

f:id:wingzone94:20190921184606j:plainf:id:wingzone94:20190921184841p:plain

(左:iOS12.4.1のボリュームコントロール 右:iOS13.0のボリュームコントロール

スクショするときに結構映るとうざいボリュームコントロールのUIが最小化され、かなりコンパクトになり、スッキリしました。

ちなみにサイレントマナー時の通知音のコントロールも変更されて、かなりコンパクトに。

歌詞の自動スクロール

f:id:wingzone94:20190921190024p:plain

一部の楽曲とApple Musicの曲に限られますが、歌詞の自動スクロール機能が追加。あと、歌詞をタップすると、自動的にそこまで飛ぶ機能もあります。音楽がますます楽しくなりそうな機能ですね。 

iOS13でPS4のコントローラー「DUALSHOCK4」を使う方法

dualshock4

いよいよ、配信されたiOS13。

色々と目新しい部分がたくさんあるのですが、詳細なレポートは近日中に公開するとして、今回はiOS13で新たにサポートされた「DUALSHOCK4」をiPhoneで使う方法を紹介します。

DUALSHOCK4の接続方法

手順1   PS4との接続を解除。

手順2 DUALSHOCK4(DS4)のPSボタンとSHAREボタンを同時に長押し。

f:id:wingzone94:20190921083146p:plain

手順3 iOS側で設定>Bluetoothを開き、「DUALSHOCK4 Wireless Controller」がその他のデバイスにあることを確認し、タップ。

手順4 DS4側のライトバーがピンクになっていたら、接続完了。

ちなみにアプリ側がコントローラーによる操作をサポートしていないと使えないので、各アプリの対応状況はしっかり見ておきましょう。

大手アプリだと「Minecraft」や「PS4リモートプレイ」は対応しているみたいです。

Minecraft

Minecraft

  • Mojang
  • ゲーム
  • ¥840
PS4 Remote Play

PS4 Remote Play

  • PlayStation Mobile Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

【#AppleEvent】Apple、iPhone 11 Pro / Pro Maxを正式発表。Super Retina XDRディスプレイを搭載。

Appleは本日、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」を正式発表しました。

iPhone 11 Pro / Pro Maxのスペック

f:id:wingzone94:20190911042009j:plain

iPhone 11 Pro / Pro Maxはそれぞれ、5.8インチ・6.5インチのスマートフォンです。新たに左上にトリプルレンズカメラを搭載しています。

新たに搭載される「A13 Bionic」チップはCPU/GPUともにAndroid機種よりも高速なSoCとGPUで、イベントでもそのことをアピールしていました。

ディスプレイにはiPhone Xs /Xs MaxのSuper RetinaディスプレイをXDR対応化させた「Super Retina XDR」ディスプレイが搭載されており、今までよりもより鮮明に映像コンテンツを楽しむことができます。

また、iPhone 11 Pro  / Pro Maxは付属品にも変化が加わっており、標準で急速充電可能な「Apple 18W USB-C電源アダプタ」と「USB-C Lightningケーブル」が付属しています。

f:id:wingzone94:20190911042117j:plain

iPhone 11 Pro / Pro Maxは両機種ともにゴールド、スペースグレー、シルバー、そして新色のミッドナイトグリーンの4色で9月20日発売開始予定です。また、その前日の9月19日にはiOS13がリリースされる予定です。

ソース:Apple Newsroom