Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

Switch版「ポケモンソード&シールド」で実現してほしい10のこと

ポケットモンスター ソード&シールド」が発表されてまもなく3ヶ月が経過しようとしています。しかし、一向に新しい情報は解禁されないまま。

今回はそんな「ポケットモンスター ソード&シールド」で実現してほしい10のことを発表します。その前に。

イーブイどこいくの?」冒頭で出た街はガラル地方?

アニメSM93話から不定期で放送されていたポケットモンスターLet's GO!ピカチュウ/イーブイの宣伝をおさらくかねていたであろう「イーブイどこいくの?」の冒頭。

そこの冒頭でイーブイ(ナギサ)がいたのは、西洋風の町はカントーでもジョウトでもなければホウエンともイッシュとも違う町でした。この町がどこかは明かされることはありませんでしたが、自分はこの町が「ガラル地方」でSMのアニメが終わったあとにイーブイのトレーナー、スイレンが再登場する伏線じゃないかなーと思っています。

これはあくまで憶測で、公式の見解ではないことをご了承いただきたいです。

(5/22追記)アローラ地方のモデルと言われているハワイとガラル地方のモデルと言われているロシアかイギリスは直線距離で結ぶことができることが判明しました。(ただし、とてつもなく距離が長いです。)

f:id:wingzone94:20190522002531p:plainf:id:wingzone94:20190522002913p:plain

実現してほしいこと①「オープンワールド

Minecraftやスカイリムでおなじみのオープンワールド

これを実現してほしいです。ポケモンの本編RPGは今まで地続きのエリアマップをずっと進んでいたのでオープンワールドに行うことで、より自然にトレーナーや野生ポケモンとのバトルに移行できるのではないでしょうか。

実現してほしいこと②「エンカウントシンボル廃止」

実現してほしいこと①前提ですが、FF15のようにオープンワールドの中で戦闘を行って、エンカウントシンボルに移行しないで対戦してほしいです。戦いの高速化につながると思います。

実現してほしいこと③「鳴き声ではなく...」

アニメポケモンの世界観が大好きな自分としてはゲームの鳴き声もいいのですが、愛河里花子さん(ロコン・ラプラスゼニガメ等)やかないみかさん(マリルチコリータトゲデマル等)ら声優さんによるポケモンの鳴き声のほうがポケモンの世界で遊んでいるという雰囲気を味わえるような気がします。

実現してほしいこと④「ポケリフレにHD振動を!」

Nintendo Switchでは高精細な振動「HD振動」が搭載されています。この機能と極めて親和性の高いポケリフレをHD振動で味わいたいです。VRにも対応したことですし、あると思います。

実現してほしいこと⑤「タマゴ孵化のスマホ連動化」

Nintendo Switch Onlineのアプリを使って、iOS/Androidのヘルスケア・Google Fitと連携してスマホの歩数をゲーム内にも反映してほしいです。Pokémon Goではすでに実現しているので逆輸入という形でしてほしいなと。

ただ雨の日とかには向かないだろうなと思います。

実現してほしいこと⑥「ミュージックプレーヤー」(有料DLCあり)

FF15で実現している機能ですが、過去作の音楽を聞けるようにしてほしいです。もちろん無料ではなく、有料DLCで将来的な拡張もあってほしいなーなんて。

実現してほしいこと⑦「連れ歩き機能」

ポケットモンスターLet's GO!ピカチュウ/イーブイ」では復活していた連れ歩き機能を復活させてほしいです。

Nintendo Switchは持ち運べるハードとしての側面が大きいので、一緒に旅を出ている感じがぐっとまして、これは素晴らしいと思います。(ロコンと一緒にどこまでも旅がしたいのです!)

実現してほしいこと⑧「プレイバックモード」

過去作の名場面を追体験できるプレイバックモードを実装してほしいです。あくまでポケモンは固定で、難易度も当時のままで。

実現してほしいこと⑨「ポケモンコンテスト復活!」

これもまたHD振動と親和性が高いので、ぜひとも復活してほしいです。何よりスイッチの画面でのポケモンコンテストは画面的に映えるような気がします。

実現してほしいこと⑩「スナップショットモード」

ポケモンSMのロトム図鑑にあった「ポケファインダー」を拡張して、画面のどこでもスナップショットが撮れるモードを実装してほしいです。

Nintendo Switchになり、きれいになった画面でポケモンたちとより旅をしている感じが出ているスナップショットはきっと思い出の旅の一枚になるはず!


さて、列挙してみましたがいかがでしたでしょうか。

携帯機から据え置き機へ移行した「Nintendo Switch」での新たなポケモンの旅。一体、どうなるのでしょうか。

あと、最初の「イーブイどこいくの?」でわかったと思いますが、スイレンはゲームでもアニメでも好きなキャラクターです。SMはキャラクターの個性が今までの作品にも増してかなり出ている作品なので、スイレン以外にも好きなキャラクターはたくさんいて、プレイしていて楽しい作品でした。

新たなる世界、要素、そして出会い。「ポケットモンスターソード&シールド」、楽しみですね。

ソニーモバイルコミュニケーションズ、「Xperia 1」および「Xperia Ace」(ドコモ専売)正式に発表。

ソニーモバイルコミュニケーションズは、16日、NTTドコモ向けに4K対応有機ELディスプレイ(OLEDディスプレイ)搭載「Xperia 1」「Xperia Ace」の2機種を発売することを正式に発表しました。

このうち「Xperia 1」はすでにKDDIソフトバンクからも発売することが発表されています。また、「Xperia Ace」はドコモ専売となる予定です。

Xperia 1

f:id:wingzone94:20190517202649j:plain

Xperia 1は、5.8インチの4K有機ELを採用している6.5インチのスマートフォンです。

また、Xperiaでは珍しく縦長ですが、かなりベゼルも細いデザインになっています。 OSには、Android 9.0 Pieを搭載し、SoCにはQualcomm Snapdragon 855を搭載しています。

また、HDRや立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応しており、HDRは「HDRリマスター」を搭載し、様々な動画コンテンツにおいて高精細な映像美を楽しむことや、また新たな色設定「クリエイターモード」を搭載し、映像制作の基準機として使われているマスターモニターの技術により、深い黒と自然な色調を表現できるようにもなりました。

カメラについてはSONYのカメラ「α」で培われた人の瞳にピントを自動で合わせてくれる瞳AFがスマートフォンで搭載されています。

Xperia Ace(ドコモ専売)

f:id:wingzone94:20190517203540j:plain

Xperia Aceは5インチの小型モデルです。

OSにはAndroid 9.0を搭載しているのはXperia 1と同じですが、SoCにはミッドレンジクラスのQualcomm Snapdragon 630を搭載しています。

また、3.5mmのイヤホンジャックを搭載しているので、有線イヤホンやヘッドフォンで音楽を楽しむこともできます。

ソース:ソニーモバイル

Minecraft10周年記念で各バージョンがセール実施中。(Java版・Windows 10・Xbox One版・Nintendo Switch版・PS4版)

Eight Awesome Features Mojang Should Add to Minecraft

 5月17日に10周年を迎えるみんな大好きMinecraft

そんなMinecraftが今ならお得な価格で購入できるセール期間中です。

Java版(Windows/Mac

購入はこちらから

https://www.minecraft.net/ja-jp/

37%オフ(通常価格3000円[DLカード版3,240円]→セール価格1,887円)

昔からある本家本元のMinecraft

MODをインストールして遊ぶことができる唯一無二のバージョンです。詳しいインストールの仕方は過去にブログ記事でまとめているので、そちらをご参照ください。

Windows 10・Xbox One

購入はこちらから

https://www.microsoft.com/ja-jp/p/minecraft-for-windows-10/9nblggh2jhxj?activetab=pivot:overviewtab

37%オフ(通常価格3150円→セール価格2000円)

https://www.microsoft.com/ja-jp/p/minecraft/9NBLGGH537BL?activetab=pivot:overviewtab

50%オフ(通常価格2350円→セール価格1175円)

Minecraftを出しているMojangの親会社、Microsoftが提供しているWindows 10とXbox One版です。

こちらのプラットフォームとNintendo Switch・Gear VROculus Riftで出ているバージョンはプラットフォームの垣根を超えた「Bedrock Edition」としてリリースされています。

Nintendo Switch

https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000000965

33%オフ(通常価格3,888円→セール価格2,592円)

家でも外でも遊べるNintendo Switch版のMinecraftです。

スーパーマリオの世界をMinecraftで楽しめる「スーパーマリオ マッシュアップパック」が標準でバンドルされています。

PS4

https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0127-CUSA00283_00-MINECRAFTPS40000

2,592円→1,296円

PS4で遊べるMinecraftです。

家庭用ゲーム機版で唯一クロスプレイに対応しておらず、開発も4J Studiosという別会社が担当しています。その為、アップデートも若干遅いです。

Google、Android 9 PIe搭載ミッドレンジスマートフォン「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」を発売することを正式発表。

Googleは、本日「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」の2機種を発売することを正式に発表しました。

Google Pixel 3a・Pixel 3a XLの概要

f:id:wingzone94:20190510205033j:plain

Pixel 3aは、ボディにポリカーポネートを採用したスマートフォンで、Qualcomm Snapdragon 670プロセッサと4GBのRAMとUSB2.0 Type C端子を搭載しています。

また、Pixel 3シリーズと同様に両端を握ることで反応する「アクティブエッジ」を搭載しています。

また、外カメラにはPixel 3シリーズと同様のカメラモジュールを採用しており、ポートレートモードや夜景モードを搭載しています。

また、日本仕様モデルはFelicaに対応しており、Google Payによる決済に対応しています。


Pixel 3aは5月17日発売予定です。また、ソフトバンクからも発売される予定です。

ソース:Google Japan Blog