読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

【吉と出るか凶と出るか】次期iPhone、LightningではなくUSB type Cポートを搭載か。米WSJが報じる。

スマートデバイス ニュース Apple製品

apple lightning

「え?本当?」と疑いたくなるレベルのニュースが飛び込んできました。

ウォール・ストリート・ジャーナル(以下WSJ)は1日、次期iPhoneiPhone 5から採用してきたLightningではUSB type Cを採用すると報じています。

ここ最近のAppleの動向、AppleはLightning推し?

New "Lightning" connector

最近のApple製品は、ほぼ全ての製品にLightningが使われるようになり、Magic Trackpad 2やMagic Keyboard、そしてApple Watchの磁気充電ドックにも使われるようにもなり、いわゆるLightning推しが日に日にましてきているような印象があります。

その一方で、MacbookMacbook Proでは、USB type Cや互換性のあるThunderbolt3が採用されています。

一般的なAndroidスマートフォンでも、HTCやソニーモバイルコミュニケーションズやLGと言ったメーカーはUSB type Cを採用し始めている為、今回のニュースが本当だとすれば、AndroidiPhoneでケーブルを共有出来る新たなメリットが生まれることになります。

因みに、USB type Cは裏表関係なく差し込めるリバーシブルな端子であることが特徴的で、USB type C PDと言ったLightningにはない急速充電規格も備えています。(対応するかどうかは別として)


iPhoneのUSB type C採用は、嬉しいのですが、仮にもしがこれ本当だとしたらiPhoneは、5年ぶり3回目のコネクタ変更を迎えることとなります。

iPhone

今年は、初代のiPhoneが発売されて、ちょうど10年。節目のこの年にAppleコネクタを変更するかしないかによって、今後のiPhoneの未来が吉と出るか凶と出るかが変わるような気がします。

Firewire、Magsafe、Thunderboltと言った独自規格だらけのApple製品の現状に果たして変化は起きるのでしょうか。

ソース:WSJ