読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

Futuremark、3DmarkにDirectX12対応ベンチマーク「Timespy」を近日中に追加へ。

Steam-y-DirectX-121

えっ?これベンチマークと思えるほど鮮明な映像がまたしても登場。

ベンチマークソフトの定番「3Dmark」を開発しているFuturemarkは、3Dmarkに近日中に新しいベンチマークTimespy」を追加しました。このTimespyは、マイクロソフトWindows 10に公開したDirectX 12に対応したものになります。

Timespyのスクリーンショットとムービーが公開

f:id:wingzone94:20160625113113j:plain

f:id:wingzone94:20160625113122j:plain

今回公開された「Timespy」のスクリーンショットです。

今回、追加された「Timespy」は、グラフィックテストとCPUテストを含んでおり、異なるGPU(AMD RadionとNVIDIA Gerfoceなど)の混載環境を可能とするマルチアダプタ処理、マルチコアCPUをより効率的に活用できるマルチスレッド処理といったDirectX 12の仕様に準拠した形となります。

Windows 10

因みに、当たり前ではありますが、DirectX12に対応している為、Windows 10を使用している必要がありますので、ご注意ください。

3DMarkの新しいベンチマークTimespy」は近日中に追加予定です。

3Dmarkの購入方法

ちなみに、3DmarkのPC版は公式HPとSteamでダウンロードできます。(無料のBasic Edition、より細かい設定が可能な有料のAdvanced Editionも用意されています。Basic Editionは、Steamでは購入できず、Advanced Editionは、Steamでのみの購入となりますので、ご注意ください。)

因みにSteam版のダウンロードには、Steamアカウントが必要となりますので、購入の際はご注意ください。

 ソース:Steam(プレスリリース)、経由:PC Watch