Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

iPad AirとiPad Proが世代表記をやめた理由について

iPadの話題をいつまで引っ張るんだよと思いますが、更新しないよりはマシだと思いますので、もうしばし、お付き合いください。

Appleの公式ホームページを見てみると、iPad Air(第6世代)や11インチiPad Pro(第5世代)といった表記ではなく今回発表された新型モデルは(M4)と表記されています。

iPad Proの世代表記がわかりづらいから変更した?

iPad Proは最初は12.9インチモデルのみの展開で、のちに9.7インチモデルや10.5インチモデルが併売されるようになりました。

そのため、12.9インチモデルと世代数がリセットされ続けてきた小さいサイズの方のiPadとは2世代分世代数に開きがあります。

今回のモデルからはiPad Proがインチ数を四捨五入して表記することになり11インチ iPad Pro(第6世代)、13インチiPad Pro(第1世代)という表記では分かりづらく、訴求性が薄いので判断したのだと思います。

また、これに合わせる形でiPad Airも世代表記ではなく(M2)というSoCの表記に変更されています。そもそも10.9インチから11インチに微妙に変更されているからなのかもしれませんが。