Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

Apple、A14 Bionic チップ搭載「iPad Air(第4世代)」とA12 Bionicチップ搭載「iPad(第8世代)」の2機種を正式発表。

目次

※2020年9月23日・・・誤った表現を修正しました。

iPad Air(第4世代)

パワフル、カラフル。色々できる。

Appleは本日、iPad Air(第4世代)を正式に発表しました。iPad Air(第4世代)はApple史上最も先進的な「A14 Bionic」チップを搭載したモデルです。

10.9インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載...だけれど?

f:id:wingzone94:20200916184805j:plain

10.9インチのiPad AirはLiquid Retinaディスプレイを搭載したモデルです。しかし、ホームボタンはありません。

今までのホーム画面のないタイプのiPadは顔認証を採用していましたが、今回は右側面に電源ボタンが配置され、その中にTouch IDの機能が内蔵されるという形になりました。

カラフルにいこう

f:id:wingzone94:20200916184928j:plain

今回のiPad Airはカラーバリエーションも豊富です。

「シルバー」「スペースグレー」「ローズゴールド」に続いて、「スカイブルー」「グリーン」のカラーが登場しました。

iPad Airは10月発売予定で、64GB・256GBが用意されています。

また、充電端子は第3世代のLightning端子からUSB-C端子へと変更されています。ケーブル及び周辺機器の互換性は無いので、お買い求めの際はご注意下さい。

iPad(第8世代)

f:id:wingzone94:20200916185832j:plain

iPad(第8世代)は、10.2インチのRetinaディスプレイを搭載したモデルです。

前モデルにあたる「iPad(第7世代)」からCPUが変更されており、A10 FusionからA12 Bionicチップに変更され、2世代進化しています。

f:id:wingzone94:20200916190420j:plain


注意すべき点

また、両モデルとも初期出荷段階でiPad OS 14を搭載しており、従来の電源アダプタ「10W 電源アダプタ」に変わり、「20W USB-C電源アダプタ」に同梱する仕様に変更されています。

この変更により、同梱するケーブルもLightningケーブルからUSB-CケーブルとUSB-C Lightningケーブルに変更されていますので、お買い求めの際は十分注意して下さい。

まとめ

f:id:wingzone94:20200916185146j:plain

新しいiPad(第8世代)とiPad Air(第4世代)が追加され、iPadファミリーは上記のようになりました。

これを機に様々なサイズや用途に合わせて、iPadを購入してみるのもいいかもしれませんね。

ソース:Apple Newsroom(iPad AiriPad(第8世代))