読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

Google、360°カメラ認定プログラム「Street View Ready」を正式発表。4つの認定プログラムを用意。

Google Maps

見回したくなる世界に誘うカメラ、ここにあります。

Googleは、本日360度カメラ認定プログラム「Street View Ready」を正式発表しました。対象製品は、RICHO THETA Sのような一般的な360度全方位カメラから、Googleストリートビューカーや3D形状をキャプチャするVRカメラまでと豊富です。

4つの認定プログラム

f:id:wingzone94:20170510210438p:plain

Street View Readyは、あくまで4つのプログラムを総括した認定プログラムの名称で、実際には、更に4つの細かい認証プログラムが用意されています。

Street View Mobile Ready

f:id:wingzone94:20170510210512p:plain

Street View mobile ready」は、PCを介さずにモバイル機器のみで撮影できる機器に与えられる認証プログラム。

名前の通り、スマートフォンタブレット、いわゆるコンデジ向けの認証プログラムですね。

Streetview autoready

f:id:wingzone94:20170510210658p:plain

Streetview auto ready」は、車載機器向けに与えられる認証プログラム。Mobile Readyより高いスペックとGPS、惰性センサと専用のAPI対応が必要となります。

Google Maps Street View Car

Googleストリートビューカーがいい例でしょうか。

Street view VR Ready

f:id:wingzone94:20170510211025p:plain

360°の2D映像だけでなく、奥行き情報もできる更に高度なVRカメラ向けの認定プログラム。

VR用のジオメトリを記録、活用できる必要があります。

Streetview workflow ready

f:id:wingzone94:20170510211325p:plain

「Street View workfolow ready」は、専用APIに対応したユーティリティソフトに送られる認定プログラム。

お店やオンラインストアでこの製品を見るだけで、360度の映像を作れるか判断できるようになるので、探すの楽になりそうですね。

ソース:GoogleGoogle Developers