Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

ゲームレビュー2012#59 マリオカート8デラックス(Nintendo Switch)

f:id:wingzone94:20170430194232j:plain

マリオカートシリーズの集大成、今ここに。

今回、レビューするのはNintendo Switch専用ソフト「マリオカート8デラックス」です。

どのへんがデラックス?

マリオカート8デラックスには、マリオカート8で別売り販売されていたDLC2個が標準収録されています。

Wii U版とNintendo Switch版のダウンロード版の容量の比較はこんな感じ。f:id:wingzone94:20170428000957p:plain

追加コンテンツと更新データの容量が意外と少ないのがわかり、Switch版独自要素だけでかなりの容量を食っているのがよくわかりますね。

ちなみに、ゼルダの伝説 ブレスオブザザワイルドは13.6GBなので、マリオカート8デラックスはほぼ半分の容量です。microSDカードの容量をちゃんと見てからダウンロードしないと、失敗することがありますのでご注意を!

Splatoonのイカが参戦!

f:id:wingzone94:20170429001524j:plain

今回のマリオカート8デラックスでは、Splatoon!シリーズからインクリングのボーイとガールが参戦しています。ボーイは、青、紫、水色。ガールは、オレンジ、緑、ピンクの合計6色の色から選べます。

f:id:wingzone94:20170429001403j:plain

ジャンプ時には、上のスクリーンショットのようにイカの姿になります。インクの飛沫が飛び散っているとは芸が細かいですね。

アイテムを2つまで持てるように!

f:id:wingzone94:20170429002245j:plain

今回のマリオカート8デラックスは、ゲームキューブマリオカートダブルダッシュ以来となるアイテム2個持ちが可能となりました。

ただし、使う順番は右からとなっている為、使うタイミングをきちんと見極める必要があります。

ウルトラミニターボ

f:id:wingzone94:20170430201159j:plain

今作で、新しく追加された3段階目のミニターボ「ウルトラミニターボ」。公式が動画を出していますが、かなり加速の違いがわかるかと思います。

 

多彩なコース

今作には合計48コースのコースが収録されています。(そのうち新規コースは25コース)ここでは、その一部を紹介します。

Wii モーモーカントリー

f:id:wingzone94:20170430194123j:plain

のどかな牧場のコース。朝日を背景に走行するのはなかなか風情があり、他コースにはない趣が感じられます。

BGMものんびりとした感じとなっており、本作特有の生演奏BGMが非常によくマッチしています。

エレクトロドリーム

f:id:wingzone94:20170430194150j:plain

私が、コースの雰囲気、BGMともに今作で最も気に入っているエレクトロドリーム(スターカップ)。近未来的な雰囲気とパーティのような雰囲気が特徴的なコースです。

N64 キノピオハイウェイ

f:id:wingzone94:20170430194401j:plain

64版から大幅にリメイクがかかったコース。高速道路を走るマリオカートシリーズでは貴重なコースで、多くのトラックや車には様々なネタが仕込まれていて、走っていて楽しいコースです。

3DS ネオクッパシティ

f:id:wingzone94:20170430194522j:plain

GBA ルイージサーキット以来、およそ10年ぶり2個目の雨の時に走行するコース。近未来的な雰囲気が散りばめられ、ビルのネオンサインや広告にはクッパが目立って描かれています。

N64 ヨッシーバレー

f:id:wingzone94:20170430194544j:plain

64版では「?」と順位が伏せられていた異色のコース。

幾数多ものルートが混在し、非常に複雑になっている渓谷コースですが、ルートがいくつもあるので、攻略法がいくらでもあるので飽きないコースです。

N64 レインボーロード

f:id:wingzone94:20170430194608j:plain

歴代最長となる距離を誇る往年のマリオカートファンからの評価も高いコース。上空に打ち上げられるマリオやヨッシーの花火の演出は、マリオシリーズを今までプレイされてきたかたなら感慨深いかと思います。

GCヨッシーサーキット

f:id:wingzone94:20170430194640j:plain

ヨッシーの形をしたサーキット。マリオカートDS以来2回目のリメイクとなりますが、やっぱりヘアピンコーナーが多い為、上級者向けのコースだと思います。

Wii ワリオこうざん

f:id:wingzone94:20170430194724j:plain

鉱山地帯を舞台にしたコース。写真ではフレームアウトしてしまっていますが、輸送用トロッコとスピンすることで、加速することができます。

レインボーロード

f:id:wingzone94:20170430195104j:plainf:id:wingzone94:20170430195109j:plain

スペシャルカップのラストを彩るコース。今作のレインボーロードは、宇宙ステーションを模した形になっている為、従来の作品のレインボーロードに比べて、かなり人工的なイメージを持っています。

新しくなったバトルコース

今作のバトルコースは、全て専用のものが用意されました。

f:id:wingzone94:20170430195520j:plain

f:id:wingzone94:20170430195943j:plainデカライン高架下などが新たなコースが作られ、バトルモードもお馴染みのふうせんバトルに加え、いただきシャインやパックンVSスパイなどが追加されています。


まとめ

f:id:wingzone94:20170430200534j:plain

内容的には、DLC込みのWii U版のバージョンアップ版に相当します。機能面、操作面ともに正統進化していて、Joy-ConやProコントローラーで楽しめるHD振動についてもレースの雰囲気にチューニングされていて、高く評価できるポイント。

画質についても、Wii U版が内部解像度720pをアップスケーリングして、1080p/60fpsにしていたのから、飛躍的に向上し、ネイティブの1080p/60fpsになったのも非常に評価したい点。

f:id:wingzone94:20170430200910j:plain

ただ、1つ不満を告げるのであれば、アイテムのシステムについて。Lボタンで右のアイテムからしか使えない。強いていうのであれば、左からZL(SL)ボタンを使うかを選択することを可能にしてほしかったです。

せっかくスロットが2個あるのに、強みを活かせてないのは非常に残念。これは、次回作以後見直してほしいですね。

好き放題行ってきましたが、結果として、Nintendo Switchでどなたにでも楽しめる任天堂ならではの最高のソフトです。

nintendo-switch-2

TVモード、携帯モード、テーブルモード、Joy-Con、Proコントローラーなど全てのプレイスタイルに対応している為、場所を選ばず遊べるNintendo Switchならではのメリットを最大限に活かせる最高のソフトです。

マリオカート8デラックスは、好評発売中です。

マリオカート8 デラックス

マリオカート8 デラックス