読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

Apple、iPhone 6s / iPhone 6s Plus以降で撮影可能なLive PhotosをWebサイトに埋め込めるAPIを公開。

CN Tower

世界は、常に動いている。写真さえも。

Appleは21日、iPhone 6s / iPhone 6s Plus以降で撮影可能なLive PhotosをWebサイト上に埋め込むことができるAPI群を開発者向けサイトで公開しました。

Live photosって何?

iPhone 6+ Screen

Live Photosは、写真の撮影前後数秒を、収めることができるAppleが開発した新しい写真スタイルです。

撮影された写真は、.mov形式で保存され、iPhone上では画面を押し込むこと(非対応端末は長押し)で、再生することが可能でした。

Macでも対応していましたが、Windowsでは対応しておらず、やや不便な面もありました。

類似技術にアニメgifというものが存在しており、GoogleiOSアプリ「Motion Stils」を使えば、Live photosをアニメgifに変換することも可能です。

Motion Stills – Create with Live Photos

Motion Stills – Create with Live Photos

  • Google, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

ちなみに埋め込んだLive Photosは、Liveボタンにカーソルを載せるだけで再生可能、スマホタブレットでは、長押しすることで再生が可能となります。

よりきめ細かな写真を残したい場合には、活躍しそうな機能ですね。ちなみに、はてなブログでは現状、Live Photosの埋め込みには対応していません。

ソース:Apple