読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

Apple、iOS10.3をリリース。ファイルシステムがHFS+からAPFSに置き換えられる。

f:id:wingzone94:20160924090729j:plain

19年ぶりに世代交代。

Appleは、本日未明、iPod touch/iPhone/iPad向けに「iOS10.3」を正式リリースしました。このバージョンでは、iOS端末のファイルシステムが19年ぶりにHFS+からフラッシュメモリに最適化されたAFSへと変更されます。

また、新たにAirpodsを探す機能やSiri経由でのApple pay決済への対応、Siri経由での車の燃料の残量確認などができるようになりました。

アップデート対象端末

今回の対象端末は上記の端末。iPad(2017)は対象端末と書きましたが、既にインストールされた状態で出荷されています。

f:id:wingzone94:20170328204429p:plain

iOS10.3の容量は、656.2MBとやや多めです。ダウンロードとインストールには約25分前後かかりました。

今回は、ファイルシステムが置き換わることもあり、ダウンロードよりもインストール処理が長かった印象です。

今回のiOS10.3は、APFSへファイルシステムが変わり、APFSとHFS+の間ではファイルの互換性がない為、アップデートに失敗した場合は、全てのデータが初期化されるという大惨事になってしまいます。

アップグレード前に必ず、iTunesでバックアップを取りましょう。