読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

Microsoft、Visual Studio for Macを11月16日-18日に開催する開発者向けオンラインイベント「Connect(); // 2016」で発表予定、MSDN Magazineで予告。

Visual-Studio-Productivity-Power-Tools

さぁ、吉と出るか凶と出るか。

Microsoftが11月16日~18日に開催する開発者向けオンラインイベント「Connect(); // 2016」でVisual Studio for Macを発表するとXamarin PlatformのMikayla Hutchinson氏がMSDN Magazine内で発表しました。

Visual Studio for Macの画面と対応する機能や言語

f:id:wingzone94:20161114211616p:plain

これがVisual Studio for Macの画面です。タブが搭載され、トグルも搭載されています。

linux_mac_windows_logos

XamarinのXamarin Studio*1をベースに開発されており、Xamarin Studioと同様、iOSAndroidMacクロスプラットフォーム開発、.NET Coreなどによるサーバーアプリケーションの開発がサポートされています。

また、プログラミング言語にはC#の他に、*2がサポートされます。


これまで、MacでのAndroid開発といえばEclipse(ADTプラグインサポート廃止により実質的に現在不可能)かAndroid Studioにしか対応しておらず、今回のVisual Studio for Macの対応により新たな選択肢が増えたことになります。

既にXamarin社の買収により、WindowsVisual Studioではプラグインによる拡張無しでクロスプラットフォーム開発が対応していましたが、今回のMac版の登場により、クロスプラットフォーム開発がMacでも開発し、大幅に利便性が向上しましたね。

xcode

また、既にMac向けにはXCodeというiOSMac専用の統合開発環境IDE)がリリースされていますが、こちらの今後の立ち位置にも注目したいところですね。

ソース:MSDN

*1:Xamarin Studio・・・Xamarin社が開発したクロスプラットフォームバイル開発IDEのこと。iOSAndroidMacに対応している。

*2:F#・・・Microsoft.NET FrameWork用向けに開発したプログラミング言語のこと。Visual Studio 2010以降の標準言語として採用されている。