読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

【#AppleEvent】AppleのプレゼンテーションのフォントとiPhoneのロゴフォントがApple WatchやApple Musicと同じ「San Francisco」になる。

Apple製品 ニュース

No Apple @ MacWorld?

直接的な話題ではないのですが、昨日のApple発表会「Apple Special September」からフォントが「Helvetica Neue Ultralight」から変更され、Apple WatchApple Musicで使われている「San Francisco」に変更されていたことが判明しています。

San Franciscoはこんな感じ

f:id:wingzone94:20160908230217p:plain

Apple公式HPより)

Apple Watchのロゴ部分のAppleロゴの「WATCH」と書かれた部分がSan Franciscoです。Robotoに似ていて、HelveticaやMyriadと比較すると王道的なゴシック体のフォントですが、読みやすいデザインなのが特徴的です。

f:id:wingzone94:20160908231326j:plain

また、Apple公式ページで確認できるiPhone 7のパッケージ背面部の写真にもSan fransicoに変更されたiPhoneロゴが確認できます。

実際のプレゼンテーション画面を見てみよう!

f:id:wingzone94:20160908232403p:plainf:id:wingzone94:20160908232409p:plain

(2枚ともApple Special Event Septmber 2016より)

2枚の写真とも、とてもよく馴染んでいて、1枚目のApple Watch Series 2は細かい文字ですが、とても読みやすいです。


Appleフォントの変更は、最近では「Myriad」がデフォルトでしたが、iOS7の登場にあ合わせ、2013年にHelvetica Neue Ultra lightが主流となりました。(ただし、製品ロゴはMyriadの細いウェイトを採用。)

そして、2014年のApple Watchに合わせ、「San Francisco」へと変更され、iOSのシステムフォントとして採用され、Apple Musicへと続投されていき今日に至ります。

製品のデザインとともに進化を続けるAppleのフォントたち。San Franciscoは、Appleが初めて独自開発したフォントでもあり、とても見やすいです。

こういった身近なところでも、変化をし続けるAppleの今後に期待をしたいと個人的に思っています。何故なら、私はより良い方向にテクノロジーを進化させる彼らを信じているからです。