Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

Google I/O 2016 Smart Report

2016年5月19日(現地時間)から開催されたGoogle I/O 2016のレポートです。

また、Android NとAndroid Wear 2.0は、正式リリース時に記事を書こうと思っている為、今回意図的にカットし、Google I/O の基調講演でフィーチャーされたトピックスを中心に書いています。

Android N、コードネームは初のネット公募へ

さぁ、美味しい名前を皆で考えよう!

Android 6.0 MarshMallowの後継OS「Android N」が開発されているのは、既にご存知のかたも多いですが、今回、初めてLolipopやMarshMallowなどの開発コードネームGoogle内部ではなく、ネット公募によって決定されることが発表されました。

Googleにおまかせ。Google Assistant登場。

映画や、人口。Google先生になんでもござれ。

今やってる映画やのチケットを取ったり、?をかけたり、?でセルフィーを撮影したりすることができるようになる、Google Assistantが登場します。 

Googleサービスを家族にも。「Google Home」正式発表。

f:id:wingzone94:20160519194649p:plain

OK Google」その言葉が広がるのは、スマホタブレット以外にも。

パーソナルアシスタント搭載のスピーカー「Google Home」が発表されました。Google Homeは、スピーカー版Google Nowとでも呼ぶべき存在で、音声はもちろん、対話型の質問の応対の結果も、Google Homeでも再生できます。

f:id:wingzone94:20160519195345p:plain

因みに、Google Homeのデザインはこんな感じです。部屋のスタンドみたいなデザインで、違和感なく溶け込みそうなインテリアとしても素晴らしい製品だと思います。

Google、新しいメッセージアプリ「Allo」を発表、会話にAIも参加。

f:id:wingzone94:20160519200537p:plain

Googleは、メッセージアプリ「Allo」とビデオ通話アプリ「Duo」をAndroidiOSに今夏向けにリリースすると正式発表しました。

Alloは、GoogleのAI「Google Assistant」が搭載されており、クイズを出してくれたりしてきます。また、OpenTableと連携しているので、Google検索したら、瞬時にレストランを共有できますよ。

LINEのように、絵文字やスタンプも充実しています。

また、もう1つのアプリ「Duo」は、着信時にインカメラが起動し、様子を伺うアプリ。シンプルですが、今までなかったアイディアですね。

因みに、DuoはWebRTCとQUICプロトコルに対応し、回線速度が遅い環境でも720p(HD画質)のビデオ通話を実現するとのことです。

VR×Android!「DayDream」が登場

f:id:wingzone94:20160519202536p:plain

個人的に今回のGoogle I/O最大のトピックスです。

f:id:wingzone94:20160519202920p:plain

DayDreamは、ヘッドセット、スマートフォン、アプリの3つを重点において開発されているとのことです。

f:id:wingzone94:20160519203228p:plain

ヘッドセットは、既に開発中(どこのメーカーが開発しているのかは不明)で、HTCやLG、Xiaomi等のVR対応スマートフォンが2016年秋のVRヘッドセットとともにロンチされます。

f:id:wingzone94:20160519203542p:plain

因みにDayDreamのホーム画面はこんな感じです。360°に対応させている為、普通のAndroidとはだいぶ違ったUIに仕上がっていますね。