読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

Google Chrome、Adobe Flashコンテンツのデフォルト再生を年末までに無効化へ。

ニュース Windows Webサービス

f:id:wingzone94:20160517202648p:plain

さぁ、時代はHTML5へ。

海外情報サイトVenturebeatはGoogle Chromeが後述する10サイトを期限付きで除外する以外の全てのAdobe Flashのコンテンツをブロックすると報じました。

Adobe Flashの衰退、そしてHTML5の台頭化の波は、Chromeまで!

Logo Adobe Flash Player

さて、2007年頃までは、Adobe Flashがネットにおいて必需品とも言える時代でしたが、AppleiPhoneをリリースし、Safariで「Adobe Flashをサポートしない」と明言されてからは、HTML5WebGLの登場、レスポンシブ登場の標準化などの様々な影響もあり、現在ではAdobe Flashを必要とするサイトは、以前ほど多くありません。

f:id:wingzone94:20160419190543j:plain

因みにマイクロソフトが2015年にリリースした「Microsoft Edge*1」では、Adobe Flashが標準ではサポートされておらず、今夏にリリース予定のAnniversary Updateでは、Adobe Flashのサポートは打ち切られます。


近年では、YoutubeHTML5の動画プレーヤーに完全移行し、話題になりましたが、国内でまだまだFlashを使っているサイトは依然として多いままです。

今後、Adobe FlashからHTML5への移行がどのようにして行われるのか注目ですね。

ソース:Venturebeat

*1:Windows 10から搭載されたInternet Explolerに代わる新しいインターネットブラウザーのこと。ただし、互換性維持でIEは残されています。