読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

E3 2016で、任天堂は何を仕掛けてくるのか

ゲーム

http://www.flickr.com/photos/63227032@N00/4456272769

photo by Javier Domínguez Ferreiro

E3とは、Electronic Entertainment Expoの3つのEから略された「E3」のことを指します。それはつまり、ゲーム市場における世界最大の見本市。

しかし、我らが任天堂は、ここ数年インターネット中継を介して、ソフトウェアや新作ハードの紹介をしてきました。まずはその奇跡から振り返ってみましょう。

任天堂の軌跡を辿る

http://www.flickr.com/photos/92533979@N00/38932995

photo by barron

2004年のE3では、タッチパネル2画面ニンテンドーDSを。

http://www.flickr.com/photos/98683253@N00/312915484

photo by Marcos Castellano

2006年のE3では、モーションセンサーを搭載した奇抜な入力デバイス「Wiiリモコン」で操作するWiiを。

http://www.flickr.com/photos/63227032@N00/4703589627

photo by Javier Domínguez Ferreiro

そして、記憶に新しい2010年のE3では、3D映像に対応した新しいDS、ニンテンドー3DSを。

 

http://www.flickr.com/photos/135518748@N08/23151227091

photo by portalgda

そして、E3 2012で発表された最も新しいハード「Wii U」では、コントローラーと画面を一体化した「Wii U GamePad」をリリースしました。

そして、2016年のE3では、任天堂が開発中のNXの最新情報について発表されますが、NXは果たしてどんなギミック路線になるのでしょうか?

VR路線?

http://www.flickr.com/photos/12452841@N00/14519574116

photo by othree

Oculus RiftやHTC ViveのようなVRヘッドセットを、相次いでリリースしているIT業界。

http://www.flickr.com/photos/21687872@N04/2343712102

photo by barité

以前に任天堂は、バーチャルボーイをリリースしており、VRや3Dの先駆けとして話題になることも。しかし、社長が訊くで話題に出している通り、マリオが出てこないゲームもあったり、赤と黒で表現されていたことまり、商業的には失敗と言わざるを得ないと思います。

岩田 つまり、ゲームのプラットフォームとして考えると。

宮本 そう、プラットフォームとして考えると、 それはもう、失敗しましたということになる。

社長が訊く そういうわけで、ニンテンドー3DSはできた。vol.1 2.「宮本茂、バーチャルボーイを語る」より引用)

 バーチャルボーイの可能性を引き継ぐ為に、今、フルカラー対応、フルHDで蘇るバーチャルボーイ2.0なんて出たら、非常に僕は嬉しいと思っています。

任天堂さん、本当にすみません。

出たとしてもですよ。ビデオ・ゲームとして、世に送り出す上で、VRヘッドセットとは、また別の本体ハードが必要となるはずですし、そもそもコントローラーをどうするかっていう話になります。(WiiリモコンBluetoothのバージョンを上げて使うという手もありますが、空間認識が難しそう)

携帯ゲーム機と据え置きゲーム機の垣根を超えるゲーム機として

http://www.flickr.com/photos/35034355597@N01/24206620773

photo by lmorchard

話を真面目な話題に戻します。(なんで入れたんだよ編集段階でカットしろよ

ゲーム機をプレイする人間にとって、据え置き機(64やGCと言ったテレビに繋いで遊ぶゲーム機)と携帯ゲーム機(GBやDSと言った電池式のどこでも持ち運べるゲーム機)の2つがあることは、どうしても取っ掛かりがつくと思います。

なので、おそらく任天堂の新しいゲーム機NXは据え置き機・携帯機を両方出すゲーム機としてリリースされると考えられます。

それは、タブレットしてではなく、Wii U GamePadのように、コントローラーにディスプレイが埋め込まれ、簡単に持ち運べるファブレットのようなデバイスとWiiWii Uのソフトを遊べるディスクドライブがあるハード機。そして、充電する為の端子(3DS/Wii UのものかUSB type Cが採用され、もちろんアダプタ付属で3DS/Wii Uとの互換は維持。ゲーブルはUSBに一本化。)

http://www.flickr.com/photos/135518748@N08/23151227091

photo by portalgda

デザインとしては、Wii U GamePadに近くて、コンセプトとしては、iPadMacbookのようなApple製品のようにアダプタを使い、USB type Cや3DS/Wii Uの端子都の互換性を保ちつつ、どこでも遊べるゲーム機だと思います。

http://www.flickr.com/photos/37738851@N00/422435906

photo by Christopher Soltis

そして、家では筐体とワイヤレスで接続され、Bluetoothを介してデータを同期。4K映像で描画される美しい映像とともにWii U Proコントローラーなどの標準的なコントローラーからWii U Game Pad、Wiiリモコンを使った本格ゲームを楽しむことができる。


さて、長々と話しましたが、これらはすべて私の予測です。どこのサイトも当てにしてないですし、任天堂関係者でもないです。

ニンテンドー64を初めて触った感動、Wii Uで受けたインスピレーション。その思いとともに私が信じる唯一無二のゲームメーカー任天堂を私は信じ続けます。

E3 2016で、任天堂は、何を仕掛けてくるのか、壇上の上で任天堂が魅せるものに、多大な期待を持って、E3を待ち続けます。