読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

マイクロソフト、Windows 10の最新プレビュービルドでブルースクリーン画面にQRコードを表示する機能を追加。

Windows ニュース

f:id:wingzone94:20160328212610j:plain

海外ニュースサイト「WMPowerUser」は、現地時間11日、プレビュービルドのブルースクリーン画面のBsoD(ブルースクリーン)画面に、トラブルシューティングページへのリンクのQRコードが表示されるようになっていたと報じました。

実際の画面

f:id:wingzone94:20160412101012p:plain

実際の画面は、こんな感じだそうです。携帯電話やスマートフォンを持ってなくて、QRコードを読み取る事ができない人に対しても、URLの記載が行われている配慮は素晴らしいですね。

サポートページへ誘導することで、Windowsで起きたトラブルの迅速な解決に繋がるかもしれませんね。

因みにこの機能は、先日リリースされたWindows 10 Insider Preview 14316」以降でのみ利用可能になっており、現在リリースされている正式版ではまだ利用できませんので、ご注意ください。

ソース:WMPowerUser