読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

電子機器の操作性が変わる、新たな次元"Force Touch"

Apple製品 レポート IT用語説明

f:id:wingzone94:20151108231531p:plain

 Macbook 2015やApple Watchでとても感銘を受けた操作性。Force Touch。

正直言って、私はGalaxy Nexusの頃から(iPhoneで言えばiPhone 4sの頃)すっかりAndroidユーザーになってしまったのですが、このForce Touchで私はまるでAppleの可能性を押し込まれたかのように、興味を持ち始めました。

今回は、そんな感圧タッチ技術"Force Touch"についてお話したいと思います。

何故、AppleはiPhone6sで感圧タッチの名前を変えたのか?

http://www.flickr.com/photos/33938182@N04/21109413943

photo by Lucy Takakura

さて、感圧タッチの技術はMacbookの登場以後、Force Touchと呼ばれていましたが、iPhone6sで搭載された感圧タッチはApple公式で3D Touchと呼称されています。

その理由としては、Apple WatchとMacbookに搭載されているForce Touchに更にもう1つ、ディープタッチ(深押し)という操作性が追加されており、Apple Watch・Macbookで搭載されたForce Touchからアップデートされており、新たに追加された深押しの操作性を簡単に説明する為です。

感圧タッチの仕組み

http://www.flickr.com/photos/31355686@N00/2584178300

photo by Rev. Xanatos Satanicos Bombasticos (ClintJCL)

Apple Watch・MacBook・iPhone6s/iPhone6s Plusに搭載されている感圧タッチは全てTaptic Engineと呼ばれるモーターが中枢を担っていると言っても過言ではないでしょう。

 3D Touchには、PeekとPopと呼ばれる2つの操作体系が用意されていて、写真や動画などのメディアやメールをPeekでプレビュー表示する操作体系です。

Popは、地図などでスポットを深押しすることで、そのスポットについての情報を詳しくすることができる操作体系です。

つまり、3D touchのPeekとPopの機能は、画面上に表示されている情報に対して適した情報を高速に表示することができる機能と言っても過言ではないでしょう。

ちなみに、私はApple Storeで感圧タッチトラックパッドを試遊しましたが、iOSでの操作性とほとんど同じです。


 感圧タッチの登場で、多くのアプリケーションで、今までとは違った操作性が導入されます。

かつて、アップルがトラックパッドでジェスチャーを導入したように、感圧タッチの登場で今度はMaciOS双方にシンプルで、より操作性が拡充されたアプリ市場。

WindowsLinuxでは、まだ登場が決まっていないので、今後の動向に是非とも注目ですね。