読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

劇場版とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇跡 感想&レビュー

とうま、絶対にアリサを助けようね。約束したんだよ…あの歌ができたら2人で歌おうって!

お前のその惨めな幻想を…その右手でぶち殺す!

人気ライトノベル初のアニメ映画化!

科学サイド・魔術サイドその両方に戦争を起こしかねない少女と呼ばれる”鳴護アリサ”と友達になった上条当麻とインデックスは次第に大きな1つの戦いに飲み込まれる…。

そして、エンデュミオンの制作企業、オービット・ポータル、その正体は。そして、若き少女オービット・ポータル社長「レディリー・タンクロード」とは…!?

以下、ネタバレありの感想です。

禁書の映画化と聞いた時は何をやるんだろう?と思ってましたけど、まさか残骸編と大覇星祭編の間のストーリーとはね。新キャラの鳴護アリサは僕好みのキャラデザインと設定でしたし、ひたすら奇跡を信じないシャットアウラの設定も面白かったです。

第3期にも期待してます。とある魔術の禁書目録