読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

名探偵コナン81巻感想&レビュー

4ヶ月ぶりの新刊。組織の影がちらつく、「「スリの黒兵衛」殺人事件」の完結編、バーで起こった謎の音が響く「小五郎ハードボイルド事件簿」、そして久しぶりに蘭がピンチとなり、背後で世良が動く「死者のウインク」、謎の溺死トリックの正体を暴く「トイレで溺死殺人事件」の4つの事件を収録。

「スリの黒兵衛」殺人事件

81巻 File1 ジョディの追憶 81巻 File2 赤井秀一の消息

この事件は、80巻からの続きの事件です。

黒兵衛を突き止める中で、病院での黒の組織のメンバーをあぶりだす時の様子が回想されました。これを必死でごまかすコナン…これは一体どういうことなんでしょう…?

小五郎ハードボイルド事件簿

81巻 File3 探偵はBARで事件に遭遇する 81巻 File4 探偵はBARで事件を推理する 81巻 File5 探偵はBARで事件を解決する

事件全体が秀逸な作りで、3話ものでは珍しく事件が起こるまでの経緯に大きく時間をとっている事件。

そしてトリックが非常に周到だったと思います。

そして、スリの事件(「スリの黒兵衛」殺人事件)で姿を表した事件と銀行強盗の事件とで辻褄が合わなくなったコナンは…

死者のウインク

81巻 File6 浮気調査 81巻 File7 ボクの推理 81巻 File8 居心地の悪い推理

本当に珍しい事件でした。コナンを尾行していたのが黒の組織の一人、バーボンが少しだけ動き出したり、世良が事件に絡んできたり、そして何より本当に驚いたのはコナンがなんと新一の声を使ってコナンが推理したことと蘭が風呂場で眠らされたことです。

事件自体も世良が新一の推理に驚愕していたりと、全体的に今までにないことが多く凝縮されたシリーズでしたね。

トイレで溺死事件

81巻 File9 截拳道vs.空手 81巻 File10 灯油の臭い 81巻 File11 まるで魔法のように

溺死といえば風呂場、川を連想するのですがそれを覆す事件ですね。

そして何より「園子の赤いハンカチ」以来、少しだけの登場を含めれば「裏切りのホワイトデー」以来、12巻ぶりの登場となる京極真と世良真純が激突。ここで、地味に世良に截拳道が教えてもらったのが前回のラストで触れられた世良の次男の登場ですね。

そして、コナンを魔法使いと合わせる世良は一体…?


というわけで、世良関連の新たな謎がまたしても生まれてしまった81巻。世良の次男についてここで推理してみます。

① 沖矢昴説…世良の次男が沖矢昴かもしれないと思ったのですが、これは78巻のベルツリー急行殺人事件で、煙の中から出てきた赤井秀一によく似た男が沖矢の昴と服が一致しているため、これはないですね。そもそも、77巻の「工藤優作の未解決事件」で、首元に何もない状態で世良が驚いているので、この時点で赤井秀一が死亡したこととは関係なく、無関係に日本に帰ってきたことだと思います。赤井の死亡は、おそらくFBIからの連絡で伝わったのでしょう。

② 羽田秀吉説…80巻に登場した由美さんの元カレ。コナンが最近あった男の人という時点では筋書きもとおっていますし、かなり頭キレキレという意味でも合致しています。

③ 安室透説…赤井秀一とライバル関係にある安室透だとも考えられますが、肌の色が色黒ではないのとコナンのことをロックオンしているにもかかわらず、コナンの顔を見て「魔法使い」と形容するのはあからさまにおかしいです。

以上、推理は終わりですが、②の羽田秀吉が最も有力候補だと思っています。頭がキレキレの世良の次男は果たして誰なんでしょうかね?バーボンの正体よりも悩んでます。