Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

Google、Android 8.0 Oreoを正式発表!

f:id:wingzone94:20170822232411g:plain

さくっと美味しいオレオとともに、Androidの新バージョンが登場です!

Googleは日本時間22日未明、Androidの最新バージョン、Android 8.0 Oreoを正式発表しました。このAndroid 8.0 Oreoは、今年のGoogle I/OAndroid Oとして発表されたもので、これまで数回に渡って開発者向けのプレビューバージョンが公開され続けていました。

コードネームに使われているOreoは、日本でもお馴染みのお菓子サンドイッチクッキー「Oreo」が由来です。

  • アップデートの対象端末
  • Android 8.0 Oreoで何が変わった?
    • ピクチャー・イン・ピクチャー
    • 起動速度の高速化
    • 通知ドット
    • Google Play protect
  • Android 8.0 Oreoの公式動画
続きを読む

シンプルで魔法のようなワイヤレス!「Airpods」フォトレビュー

本当にフタを開けたらすぐにペアリングができた・・・。

今回は、Apple W1チップ搭載のApple製ワイヤレスイヤホン「Airpods」のレビューとなります。

ちなみにいうとなぜ、Airpodsを購入したかという理由は、以前使っていたJBL REFLEC mini BTをバス車内で落下し、紛失してしまいそのまま見つからない為、代替のイヤホンとして購入した為です。ワイヤレスイヤホンの取扱いには気をつけましょう。

開封の儀

f:id:wingzone94:20170820211212j:plainf:id:wingzone94:20170820211217j:plain

まずはパッケージ。表にはAirpods(L)/Airpods(R)が、裏にはAirpods充電ケースとLightningケーブルがそれぞれ描かれています。

シンプルでわかりやすいパッケージはAppleらしいです。

f:id:wingzone94:20170820211706j:plain

付属品は、Lightningケーブル(1m)、説明書類、充電ケースとAirpodsです。

iPhone 6, lightning cable

iPhoneユーザーやMacユーザーは、Apple製品に多く使われているLightningケーブルを使えるというメリットがありますが、同時にMacbook / Macbook Proを使用している人は、Macから付属のケーブルを使ってそのまま直接充電できないという点もありますので、ご注意ください。(USB Type C to USBの変換アダプタもしくはUSB Type C -Lightningケーブルを使いましょう。)

ケースを開ければ即ペアリング

f:id:wingzone94:20170820212221p:plainf:id:wingzone94:20170820212342p:plain

フタを開けたら、すぐにアニメーションが流れ、接続を促され、ペアリングできます。

ちなみにバッテリーの残量は、Airpodsをフタにいれた状態で、フタを開けることで、確認することができる他、ホーム画面を横にフリックすることで、表示されるウィジェットで確認することができます。

詳しい確認方法については、Appleのサポートページをご確認ください。


この他にも、どちらか片耳のAirpodsを取ることで、自動で音楽が停止するという便利な機能やダブルタップによる音楽の再生・一時停止といった操作をすることができます。

ただ、冒頭で話した通り、Bluetoothイヤホンは小さくて落としやすいものが多いのが現状です。これに関しては、コードレスであるというBluetoothイヤホンというカテゴリの商品を使う以上仕方がないことは言え、ストラップをつけるなどして対策をするか充電ケースにいれることを常としておくか、アクセサリを購入してユーザー自身が対策をする必要が有ると思います。(ちなみに僕はELECOMのAirpods用紛失防止ストラップを購入しました。)

とても使いやすくてまさにシンプルで魔法のようなワイヤレスという言葉を体現した製品のAirpods。落とさないように気をつけて大切に使っていきます。

Airpodsの紹介ページ

Airpodsの紹介動画

Google、Android Oに関するイベントを8月21日に開催することを正式発表。

Android

いよいよ登場ですね・・・。

Googleは、本日現在プレビュー版を後公開している次期AndroidAndroid O」の正式版を発表するイベントを8月21日に開催することをAndroid公式Twitterを通常して正式に発表しました。

ティザーサイトも公開中。気になるコードネームは?

今回の発表に合わせて、ティザーサイトも新たに公開されました。今回の発表会は皆既日食は8月21日に起きると言われている横断皆既日食に合わせて行われるようなので、サイトのデザインもオレンジとブラックを基調としたものになっていますね。

Android – eclipse

また、今回もOで始まるコードネームの名前が予想されており、OreoやOatmeal Cookieなどと予測されていますね。


Android 7.0は、去年の8月22日にコードネーム「Nougat」の名称で正式発表されましたが、イベントは行われず、made by Googleという名称のイベントともにNexusに変わるGoogleスマートフォン「Pixel」が発表されました。

それを踏まえると、今回のAndroidに関するイベントは、Android Oのコードネームのみならず、新型Pixelが発表されてもおかしくはないかもしれませんね。

GoogleAndroid Oに関するイベント「Android O Reveal NYC」は、現地時間8月21日午後2時40分より開催予定です。

AirpodsをApple Storeで試した話

New Apple AirPods with iPhone 7

3日前にAirpodsに関する記事を書いてみて、Airpodsについて多くのことを知ることができました。

そして本日、Apple Storeに行ってみて、Airpodsを試遊してみました。その時に感じたことについて今回は語りたいと思います。

ペアリングは確かに簡単だけど、落とし穴もある

AirPods-1

Airpodsは、確かに革新的なイヤホンですが、1つだけ落とし穴がありました。

今回、試遊したApple Storeで、そこでAirpodsを試したいと思った時、蓋を開けただけではペアリングができず、ケース裏のペアリングボタンを押すことで、ペアリングができました。

あとで、別のApple Storeの店員さんに聞いてみたところ、他のAirpodsを試遊した人がAirpodsと接続端末(iPhoneiPad等)とペアリングを切ってなかったからだということです。

一見してみると、Airpodsは蓋を開けただけですぐにペアリングができるというふうに思われがちですが、WindowsAndroid端末、そして同じ製品のMacや今回のようなペアリングを切り忘れて別のiPhoneとペアリングをするときには注意が必要ですね。

ちなみに試着をしたのは、Apple Store銀座です。

Airpodsとランニング

airpods

Airpodsをランニングで使われている方は少なくありません。

当たり前ですが、人によって走る速度は全く違うので、強く走ってしまえば、当然取れてしまいます。

なので、Airpodsがランニングをしていても必ず取れないというわけではないので、同じくApple W1チップを搭載したpowerbeats3や他社メーカーのスポーツイヤホンを購入するか、以前ブログでも紹介したSpigenから発売されているAirpodsストラップ等のAirpods用アクセサリを取る等、何らかのかたちで対策を取らないと修理につながる可能性もあります。


実際に製品を触ってみて、Airpodsに対する良い側面しか見ていなかったことに気づきました。

ペアリングにもランニング利用にも言えることなのですが、ちゃんとした対策をして使えばAirpodsという製品は、さらに使いやすくなると思います。

今でも尚4週間待ちの超人気イヤホン「Airpods」については、今回で一応完結とさせていただきますが、いかがだったでしょうか。

特定のカテゴリの製品にフォーカスした記事は、今までもありましたが、特定の製品についてフォーカスした記事はあまり経験がなくうまく記事を書けない点もあったと思いますが、読者の方々のAirpodsの購入の参考になれば幸いです。