読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Multi Style NX

次世代のグローバルスタンダードのブログへ。PC・ガジェット・ゲーム・アニメ関係の話題を中心に取り上げています。

#141・142・143 ジュニアユース選手権・あふれる記憶・覇王の魂

遊戯王Arc-V

戦いは集結し、統合されかけた世界は再び、4つの次元へと分裂し、スタンダード次元はペンデュラム次元へとのその名前を変え、平和な日々を過ごしていた。

そして融合次元からの侵略により中断されていたジュニアユース選手権が再び幕を開けようとしていた。


というわけで、遊矢VS権現坂VS沢渡VS月影のバトルロイヤルでした。

忍者Pモンスターが登場し、地味ながらも有能な効果を持ち、貫通P効果で遊矢を苦しめていましたね。

f:id:wingzone94:20170311225558j:plain

今回の注目はやっぱり、最後に登場したレベル12の超重シンクロ、テツドーOですね。手札コストつきで相手を破壊する効果と墓地の魔法・罠カードを除外することでバーンダメージを与える効果。

不動のデュエルを体現する超重武者にはピッタリの効果で、魔法・罠カードを使いつつ、それらを除外し、更なる追撃に利用できると。

そして、次元回廊を進み、遊矢が次にたどり着いたのは・・・。

Nintendo Switchを1週間使ってみて思ったこと

Nintendo Switch ブログ

Nintendo Switchを購入して、早いもので1週間。

1-2 SwitchでJoy-Conのギミックに触れたり、ゼルダで広大なハイラル高原を駆け回っていたりといろんな遊び方を試してきました。

そこで、Nintendo Switchを1週間使ってみて思ったことを何個か書き記してみます。

形にとらわれない自由なコントローラー

f:id:wingzone94:20170305212211j:plain

Nintendo SwitchJoy-Conは、これまでのコントローラーと違い、左右両方がそれぞれ独立した形を持っています。

f:id:wingzone94:20170304124427j:plain

これは、かつて任天堂が採用したWiiリモコンの路線を強く受け継いでおり、それを既存のコントローラーのような形にもすることができるJoy-conグリップで応用しているともとらえることができ、私自身とても評価しています。

3つのモード

f:id:wingzone94:20170310210413j:plain

Switchには背面にスタンドが用意されている為、デジタルフォトフレームのように立てかけて、プレイすることができます。(この中にmicroSDカードスロットを内蔵)

Joy-conはこの状態で取り外して遊ぶことが可能である為、テレビに繋がなくても安定した状態でプレイすることができます。

f:id:wingzone94:20170310211333p:plain

因みに、SwitchにはUSB type Cポートが採用されていますが、テーブルモードのままではUSB type Cケーブルを使って充電することができないので、サードパーティ製のドックを使うことで充電しながらプレイできます。

因みに、僕が使っているUSB Type Cケーブルは、TDKの1.2mのUSB type A to USB Type Cケーブル(1.2m)です。3A出力に対応している為、Anker PowerCore13000で超高速充電が可能です。

TDK Type-C USBケーブル USB2.0 1.2m TH30CA12K

TDK Type-C USBケーブル USB2.0 1.2m TH30CA12K

 

 

f:id:wingzone94:20170310212548j:plain

新たに確率されたテーブルモードでのプレイは、場所を選ばずにプレイできる携帯型ゲーム機の強みと据え置き機のグラフィックスの強みを引き出すことのできるSwitchの真髄とも言えるモードプレイです。

f:id:wingzone94:20170310213033j:plain

そして、忘れてはいけないSwitch本体をDockに入れて遊ぶTVモード。若干の遅れこそありますが、落ち着いてプレイするならやっぱりこれです。

家に帰ってきたら真っ先に充電も兼ねてDockにSwitch本体を入れてます。


1週間、Nintendo Switchを使ってみて携帯機の良さと、従来のコントローラーの枠組みを超えた据え置き型のゲーム体験の2つを両立した素晴らしいハードウェアだと実感しました。

任天堂NVIDIAがタッグを組んで共同開発された「Nintendo Switch」、家でも、外でも、形を変えてどこへでも持ち運んでプレイできる全く新しいハードの誕生に心から感謝します。そして、Nintendo Switchが切り拓く全く新しい未来に期待です。

 Nintendo Switch初公開映像

Nintendo Switch紹介映像

Nintendo Switch CM

LGエレクトロニクスジャパン、LG Gramの新モデルを正式発表。第7世代Caby LakeとUSB type Cを採用しつつ、驚きの薄さを実現。

PC ニュース

LG

薄さに秘めたパワーを、解放せよ。

LGエレクトロニクスジャパンは、9日、13.3インチ、14インチ、15.6インチのノートブックパソコン「LG Gram」の新モデルを10日金曜日より発売することを正式発表しました。

3つの大きさから選べる、LG Gramの特徴を見てみよう!

f:id:wingzone94:20170308230720j:plain今回のLG Gramは、13.3インチと14インチと15.6インチの3つから選ぶことができます。

f:id:wingzone94:20170308230834j:plain

より軽く、硬いフルメタルボディを採用しており、頑丈でありながら軽量化を実現しています。タフネスでフラットなノートPCはモバイル用途で使うのには便利かもしれませんね。

f:id:wingzone94:20170308230941j:plain

今回のLG Gramは、超薄型液晶ディスプレイを採用したことにより、ベゼルレスデザインに仕上がっており、スーパースリムベゼルによってよりコンパクトに仕上がっています。

f:id:wingzone94:20170308231016j:plain

この他にも、目への負担を軽減するリーダーモードや明るい場所で輝度やコントラストを調整するデイライトモードも搭載されています。

また、全モデルとも第7世代Intel CoreプロセッサKaby lakeとUSB type C、USB 3.0×2(高速充電対応×1)、USB 2,0×1ポートを対応しており、IEEE802.11ac、Bluetooth4.1、HDMI出力端子を兼ね備えています。

LG Gramは、13.3インチ(Intel Core i3)14インチ(Intel Core i5)、15.6インチ(Intel Core i5/Intel Core i7)の合計4モデルで、120,000円前後から発売開始予定です。

ソース:LG13.3インチ,14.4インチ,15.6インチ(Core i5),15.6インチ(Core i7))

カタチを変えて、どこへでも。「Nintendo Switch」を3日間使ってみて

Nintendo Switch ブログ

ついにこの時が来た!

3月3日に発売された「Nintendo Switch」のレビューです。

  • Nintendo Switch(ネオンレッド・ネオンブルー)開封の儀
  • みまもりSwitchはセルフコントロール用アプリとしても使える
  • Joy-Conの付け方に注意
  • HD振動とモーションIR*1カメラについて
  • 3日間使ってみて
続きを読む